体験談

怖い女体験

投稿日:2017年5月11日 更新日:

昔、メンヘラに絡まれたことがあったので、がんばって思い出します。

出会いは合コン

合コンでたまたま出会った女子大生でした。

自分は当時、20 代中盤。

 

別にこれといったことはなかったのですが、

とりあえず電話番号とメールアドレスの交換はした程度です。
※当時は LINE というものはなし

 

メールが多い・・・

メールの多い子でした。

1 日 100 通くらい・・・。

1 日中、返信し続ける感じです。

 

「返信しなきゃいいじゃん?」と思うかもしれませんが、

返信しないと、どんどんメールが貯まっていくんです・・・。

 

「寂しいな・・・」「どうしたの??」とか。

わずか 10 分間隔で。

 

思い返せば、この辺で相手にするのを辞めておけばよかったのです。

 

毎晩電話が・・・

そのうちメールだけでなく、毎晩電話も要求されるようになります。

 

気になる電話の内容ですが、泣くのです。

 

「私はてっぺさんに、ふさわしくないから別れたほうがいい (シクシク」
※注) 一度会ったきりで付き合った覚えはない

 

ボクは「は、はぁ」というしかありません。

いつのまに付き合ってる設定になったのでしょうか。

 

毎晩、別れ話をされる日々が続きます。

 

そのうち電話に出るのも億劫になり、着信きても放置です。

 

ですが諦めずにかけてくるので、

絶えずマナーモードのバイブが家で鳴り響く毎日でした・・・。

 

さらに発展し、早朝電話が・・・

ある日、朝 5 時くらいに電話が震えているので起きました。

 

眠いのですが、とりあえず電話にでて相手をしてあげます。

理由は、急に寂しくなったらしいのです。

 

とりあえず、適当に会話をし、

電話を終え、携帯電話の画面を見たところで、血の気が引きました。

 

 

 

不在着信 50 件

 

 

 

ボクが寝てる間、電話に出てくれるまでかけ続けていたようです。

 

これはガチでやばいやつだと、遅いながら気づいたボクは、

有料サービスですが、着信拒否サービスに申し込みましたとさ。

 

住所教えなくて本当によかった・・・。

 

こんな女子にばっか好かれるボクでした。

借金問題は専門家へ!

司法書士や弁護士に相談することで「自分に合った債務整理の方法」「いくら減額できそうか」といった具体的な解決策を伺うことができます。

独りで悩まず、専門家の意見を聞き、借金完済に向けて一歩を踏み出しましょう。

【借金の無料相談】街角相談所 公式サイトCheck!

 

弁護士の借金相談の詳細を知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

【街角相談所 (法律)】弁護士の借金解決方法とは?

借金返済に追われる日々が続くと、「この苦しみは、完済するまで終わらない」「完済なんて無理だし、一生このまま借金漬けの状態が続く」などと考えてしまいがちです。

続きを見る

 

-体験談

Copyright© 「ボクと投資と借金と。」FXの借金550万円を返済するブログ , 2017 All Rights Reserved.