借金の相談はどこですればいいか?

借金の相談はどこですればいいか?

借り入れの金額が大きくなって生活に困ってしまった」「数か所から借り入れをして、毎月のお給料では返済できなくなってしまった」ということを聞くのは珍しくない話です。

しっかりとした金銭感覚を身につけなければ、誰でもが突然、自分の身にふりかかってもおかしくない話です。

また、世間体もあるので、お金を借りている、返済していることを誰にも言えない場合がほとんどでしょうから、本当に行き詰らないと「実は・・・」ということにならないのが普通でしょう。

銀行・消費者金融に相談

まずは、借りたところに連絡し、今後の返済について話し合いを持ってもらうのが一番です。

事情や計画の内容が妥当だと判断されれば、期間を延ばし、その分月々の返済額を減らしてもらうことが出来るかもしれません。

また、数社からの借り入れがあり、その詳細さえもわからなくなってしまったという場合には、個人信用情報を管理している会社に本人が身分証明書を持っていく事で情報の開示が受けられますので、全ての情報を確認して、まず債務総額を確認することから始めましょう。

具体的には銀行系の「全国銀行個人信用情報センター」、信販系の「(株)CIC」、「(株)CCB」消費者金融系の「(株)ジャパンデータバンク」です。

弁護士に相談

また、弁護士に依頼して、債務整理を行うという方法もあります。

弁護士が債務者に代わって、無理なく返済できる計画を立て、債権者と交渉してくれますし、また、弁護士に依頼することで、返済の督促がストップします。

場合によっては過払い金が返還されるケースもありますので、自分一人で何とかしようと考えるよりは、精神的にも安定するかと思います。

債務整理で生活の再構築を!

また、債務整理をすることにより新規の借入をすることが当面できなくなります。

しばらくの間はキャッシングができないのはもちろん、住宅ローンなども組めなくなりますが、これは一生借りられなくなってしまうというわけではありません。

今後の経済状況次第で変わってきますので、

しっかりと家計を立て直し、借入にたよらず収入の範囲で生活できるような暮らしを再構築していく必要があります。

いずれにせよ、借りて、返済に困ってから相談するのではなく、何事も困る前に相談することをおすすめします。

事後の対応ではお金も労力もかかりますし、万が一、今後一生借り入れが出来ないといった一大事になってからでは取り返しがつきません。

「ご利用は計画的」という有名なキャッチコピーがありますが、借りるのは簡単、返すのは本当に大変なことを肝に銘じてお金を借りるようにしましょう。

借金の悩みは専門家へ
借金の悩みは専門家へ
「550 万の借金は、最終的には 1000 万くらい払うことになるよ」と弁護士さんに言われました。
その言葉で初めて自分の状況の深刻さに気付き、債務整理を決断しました。
借金問題は自覚しにくいため、第三者の意見を聞いてみることをオススメします。

 
借金の無料相談はこちら。Check!
関連コンテンツ