借金持ちと、出張と、大人のプライド

8 月度の家計簿ですが、

いつもより支出が多く、締め日が憂鬱です。

その中でも出張にかかった費用が痛かったのです。

「出張だから、会社が交通費とホテル代払ってくれるんでしょ?」

と思うかもしれませんが、それ以外の諸経費は自腹なので結局赤字なのです。

  • 友人に犬の世話をしてもらう代わりに焼肉をおごる: 7,000 円
  • レンタルスーツ: 5,800 円

スーツ代は仕事で必要なのだから、経費で落とせないものかと交渉してみたのですが、見事に撃沈 (笑)

その他に、いつもは自炊で節約している食費も、外出せざるをえないため出費がかさむ要因になります。

出張による懐へのダメージは 15,000 円といったところでしょうか。

個人事情の出費ではありますが、なんか納得いかない ヽ(`Д´)ノプンプン

また出張先での飲み会代は経費精算になるため、60,000 円ほどを自身で仮払いしました。

一時的とはいえ、60,000 円もの大金を支払うのはきついっす( ^ω^)・・・

とはいえ、60,000 円って、蓄えのある健全な大人なら、一時的に払うのは余裕な金額なんですよね。

「お金がないので出張いけません・・・」

とか、

恥ずかしくてとても言えたもんじゃありません ( ^ω^ )

幸いクレカ枠が 61,000 円あったのでそこから賄えたのですが、

飲み会って会計時にならないといくらになるのか分からないじゃないですか!!

もうね、内心ビクビクしながら会計の瞬間を迎えてしましたよ。

間一髪でした。

クレカの限度枠超過で支払いができなかったら、赤っ恥かくところでした。

ギリギリな状況を悟られないようにコソコソ生きていく。

「借金持ちあるある」なわけですが、そんな生活からは早く脱却したいと改めて思いましたとさ。

借金の悩みは専門家へ
借金の悩みは専門家へ
「550 万の借金は、最終的には 1000 万くらい払うことになるよ」と弁護士さんに言われました。
その言葉で初めて自分の状況の深刻さに気付き、債務整理を決断しました。
借金問題は自覚しにくいため、第三者の意見を聞いてみることをオススメします。

 
借金の無料相談はこちら。Check!
関連コンテンツ