借金の金利について

借金の金利について

社会人の常識として当然のことですが、「お金を借りれば利息がかかる。」ことはわかります。

「利息がかかること」はわかっていても、実際には、金利がいくらか、また年利率が何%であるかといったことをきちんと把握して払って支払っている人は少ないのではないでしょうか。

金利とは?

「金利」とは、お金を借りたときに、金額と日数によって支払う「使用料」です。

あなたと何も関係のない人が、無利子でお金を貸せてくれるところなんてありませんね。

金利をいただく代わりに、お金を貸せるというビジネスです。

それがいわゆる貸金業と呼ばれるものです。

金利の計算方法

お金を借りたいけど、利息がいくらかかるかがわからない」という方も少なくないと思います。

そこで、計算式を述べてみます。

・利息の計算方法

元金(円)×金利(%)×借りていた期間(日)/365(日)=利息額(円)

となります。

「元金」とは、元々借りた金額のことです。

具体的な計算例

「金利(年利)」とは、借りたお金に対してかかる年間の利息額を日割り計算で表したものであり、次に具体的な金額で計算してみます。

金利18%の場合

5万円を金利18%で1ヶ月(30日)借りた場合の利息額

こちらは、

50,000円×18%×30/365=739円

となり、借りた日から30日後に返済する場合には、「50,739円」を支払わなければならないことになります。

また、期日に借りていたお金が返済できない場合には、借りている日数が延びるため、その日数分(上の式でいう「30」)の利息が加算されることになります。

金利29.2%の場合

また、以前よくあった金利の29.2%で計算するとどうなるか見てみましょう。

50,000円×29.2%×30/365=1,200円

となり、借りた日から30日後に返済する場合には、「51,200円」を支払わなければならないことになります。

後々に響いてくる金利の違い

金利額の違いで、同じ50,000円を借りた場合でも、461円の差があります。

今は、わかりやすくするために借入元金を小額に設定しましたが、もっと大きな単位のお金を借りた場合には、その差額は歴然です。

しかも一度で返済できなければ、毎月返済することになるので、わずかなことのように見えますが、実は塵も積もれば・・・で大きな違いになってきます。

「元利均等」と「元金均等」

また、返済期間が長い契約の場合には、元利均等払いという、毎月の返済額は一定なのに、最初のうちは元金よりも返済利息の額が多く、契約の終わりになると利息の額が少なく、元金の額が大きくなる方法を取る場合がほとんどです。

元金均等の場合には、元金の金額は一定で、金利は当初は多いけれども、最後には金額が少なくなるので、総体的には元金均等の方が返済額は少なくて済むことになります。

金利の仕組みを正く理解し、損しないように自分で努力しましょう。

借金の悩みは専門家へ
借金の悩みは専門家へ
「550 万の借金は、最終的には 1000 万くらい払うことになるよ」と弁護士さんに言われました。
その言葉で初めて自分の状況の深刻さに気付き、債務整理を決断しました。
借金問題は自覚しにくいため、第三者の意見を聞いてみることをオススメします。

 
借金の無料相談はこちら。Check!
関連コンテンツ