借金

任意整理について

投稿日:2017年2月13日 更新日:

任意整理について

借入額がふくらんでしまい、月々の返済に追われ、仕事にも何も手がつかなくなり、とうとうにっちもさっちも行かなくなってしまった・・・。

 

万が一、そういう状況になってしまった場合には、一人で悩んだり、変なことを考えずに、法律事務所に相談し、債務整理をしてもらうことをお勧めします。

 

任意整理」であれば、近くの法律事務所に出向けば対応してくれますので安心です。

 

任意整理とは

任意整理とは、公的機関(裁判所など)を使わず、債権者と私的に話し合いをすることで、借金の減額をしたり、利息のカットなどの返済方法を考えて、和解を勧める手続きです。

 

文字どおり、「任意」のため、債権者は、話し合いに応じる義務がありません。

 

自己破産との違い

自己破産とは違って、司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉して、今よりも良い条件で支払いが可能になるように話を進めて、合意を成立させる手続きです。

 

また、会社や家族に知られる心配は一切ありません

 

また、生活も今までと変わることなく、借金の整理がつけば、むしろ今よりずっと良くなります。

 

相談料は多少必要になるかもしれませんが、月々返済している金額に比べれば大した費用ではありません。

 

裁判所も関与しませんので、自己破産の場合のように裁判所に提出する書類を用意する必要もありません。

 

借入れした最終日と正確な借入れ金額と返済した回数で多少は状況が変わりますが、決して心配するほどの金額ではありません。

 

任意整理の手続き

すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのが、この「任意整理」の手続きです。

 

具体的には、利息制限法の上限金利を超えるような高額金利の消費者金融などからお金を借りている場合には、利息制限法による引き直し計算を行い、過去に払い過ぎている利息を元本に充当して借金額を減らしてもらうといった手続きをします。

 

そして、利息制限法引き直し計算による減額の後、将来の利息はカットして分割払いをするという交渉や、過払い金や家族などの援助などで一括で返済するので借金額を減額して欲しいというような交渉をしてくれます。

 

将来の利息分の削減については、ほとんどの場合に可能となりますが、一括返済による減額は、必ずできるとはかぎりません。

 

整理後に残った債務は通常3年間で分割して支払っていくことになるので、将来的にそれなりの収入が見込めることが条件になります。

 

特定調停と違い、弁護士認定司法書士に依頼することで整理が進んでいきますので、安心して相談してみましょう。

 

借金の無料相談はこちら。Check!

おすすめ記事

1

借金返済に追われる日々が続くと、「この苦しみは、完済するまで終わらない」「完済なんて無理だし、一生このまま借金漬けの状態が続く」などと考えてしまいがちです。

-借金

Copyright© ボクと投資と借金と。 , 2017 All Rights Reserved.