自己紹介⑥ 社会人 12 年間の給与事情

自己紹介シリーズ 6 です。

社会人なってから 12 年間の給与事情です。

ボクの 12 年間

年収推移 (12年間)

ドンッ。

金額にすると

支給総額: 7300 万円

手取り総額: 5800 万円

税金 1500 万円も払ったぜ (´・ω・`)!!

5800 万円はどこに消えたんだろうな・・・。

年収の上がり方

だいたいは、転職したタイミングで年収あがってますね。

高い年収で転職するのでなく、同じ年収で給与水準の高い会社に転職する、というパターンがほとんどです。

転職エージェントの広告には、「100 〜 200 万円アップ」のようなこと書かれてますが、そうそうあることじゃないので騙されてはいけません。

現在の年収だけを見ると、世間よりは高めのボクですが、

昔を振り返るといろいろあったんですよ?

昔を振り返る

1 社目

年収: 460 – 480
残業度: 中

伝家の宝刀「新卒入社」です。

正直なところ、辞めずに居続けても今と同じ給与だったろうなぁと思います。

3 年目くらいから

オレ仕事できんじゃね!??

この会社ではもう学べることないな!!

とだいぶ意識高い系に育ちました。

起業するために辞めたんですが、

辞めても自分の能力なら何とでもなると思ったんでしょうね。痛い子。

2 社目

年収: 410 – 430
残業度: 中

知人と起業したものの、

うまくいかず (人間関係、経営状況どっちも)、わずか 1 年半で退職。

起業 = 成功してお金ウハウハ」と、頭の中がお花畑でした。

ちなみに丁度リーマンショックの頃です。

適当に会社作ったが、社長と仲違いして 1 年半で退職

実態はコレなんですが、

リーマンショックの時期だったのが幸いして、

後に何度かある、転職活動の際に退職理由を聞かれても、「リーマンショックの煽りをくらって〜」と説明できるので助かります。

社長と喧嘩した翌日、社長に電話して「今日から会社行きません」伝えました。

やることが若いですね〜。

3 社目

年収: 650 – 680
残業度: 高

2 社目は衝動的に辞めたので、転職エージェントに駆け込み急いで探しました。

「受かったとこならどこでもいいや」な勢いで。

面接 1 社目で受かってしまい、契約年俸は 400 万で即決。

400 万円で契約したものの、

アサインされた仕事が事業立ち上げだったので残業多かったり、入社直後にかかわらず業績賞与もらえたりと、年収は予想外に +200 万以上あがりました。

ちなみに FX 始めたのはこの頃です。

時間外勤務 100 時間とかもう無理ですね。

時間外 100 時間になると、給与 2 倍になるんですよ (豆知識)

後々シフト勤務もすることになり、昼夜逆転の生活がイヤになったので退職しました。

というのは表向きですが、実際は上司がイヤになったのが理由の半分です。

4 社目

年収: 650 – 800
残業度: 低

転職する際の年収交渉は、

現職維持 (残業しまくったときの年収)」を希望年収に提示したので、残業しなくても同額もらえる転職になりました。かしこいね!

なんか、給与がポンポン上がる会社だった・・・。さすがベンチャー。

ちょっと目立ったことすると、半期ごとに月収 1 – 3 万円ずつ上がっていくんです。

でも会社の方針で減給は滅多にしないらしい。

  • ベンチャーは常に何かしていないといけないのに疲れた
  •  若い子のノリについていけない

ということで転職活動してみたら合格したので、退職を決意。

今回は上司要因はなし。

まぁ、仕事は給料だけじゃないんですよね  ( ´Д`)y━─┛~~

5 社目

年収: 820 万円〜
残業度: 超低

去年から 5 社目です。

もう会社員生活もだるくなってきますね。

かつての野心はもうありませんね。

入社そうそうコケたので、

自己紹介① 真人間になりたい

今後の人生を考え直そうと思っている今日この頃です。

はぁ、いつまで会社員しないといけないんだろう。

借金の悩みは専門家へ
借金の悩みは専門家へ
「550 万の借金は、最終的には 1000 万くらい払うことになるよ」と弁護士さんに言われました。
その言葉で初めて自分の状況の深刻さに気付き、債務整理を決断しました。
借金問題は自覚しにくいため、第三者の意見を聞いてみることをオススメします。

 
借金の無料相談はこちら。Check!
関連コンテンツ