お金

ねんきんネットにログインして受給額を調べよう | 不透明なんて言わせない

投稿日:2017年12月10日 更新日:

年金について知る

年金と聞くと納めているけど、結局損するもんなんでしょ?とか今後更に受給年齢が引き上げられるかもしれないくらいしかイメージがなく、「具体的な受給額はその時にならないと分からないもの」と変な勘違いをしていました。

 

しかし日本年金機構の WEB サービスねんきんネットを使うと

 

自分が今までに納めた年金の合計額

今納めるのを止めた場合、65 歳からいくらもらえるのか

定年まで納め続けた場合、65 歳からいくらもらえるのかシミュレーション

 

などなど、年金についてかなり正確な数字が分かるようになっています。

 

ねんきんネットの利用登録

ねんきんネットの利用登録は下記からすることができます。

ねんきんネット(申請用トップページ)

 

利用登録には基礎年金番号が必要になります。

「基礎年金番号」の調べ方は以下の 2 種類あり、

 

ねんきん定期便を見る

年金手帳を見る

 

サラリーマンの方は会社に年金手帳を預けている都合上、ねんきん定期便から基礎年金番号を調べるのが手っ取り早いと思います。

もしねんきん定期便が残っていない場合、年金機構では基礎年金番号を教えてくれないため、勤めている会社に問い合わせましょう。

 

ねんきんネットの利用登録をすると、自宅宛にログイン用の ID が郵送されてきます。

そのため、ねんきんネットが使えるようになるまで 5 日ほど見込んでおきましょう。

 

ねんきんネットにログイン

無事 ID が届いたら、ねんきんネットにログインします。

ねんきんネット ログイン

 

 

年金記録を調べる

 

年金記録の一覧表示タブをクリックすると、これまで納めてきた年金記録が全て閲覧できます。

 

 

「何歳のときにどの会社にいて、いくら払ったか」という情報が事細かに書かれています。

 

納付額の合計も書かれており、

自分の場合 20 -34 歳で4,990,181 円を納付しています。

 

(余談) マネーフォワードとの連携も可能

ねんきんネットですが、家計簿アプリのマネーフォワードと口座連携することも可能になっています。

 

2,188view
家計改善の強い味方! 家計簿アプリ「マネーフォワード」

「健全な家計は家計簿から!!」ということで、家計簿アプリ「マネーフォワード」を使い始めたのですが、思ったより優秀だったのでご紹介。

 

口座連携するとこれまでの納付額が資産として計上されてしまうので、

自分の場合資産が 500 万円プラスになり、資産のほとんどを年金が占めるというカオスな状態になってしまいました・・・。

 

「年金を自分の資産にするか否か」は人それぞれかと思いますが、

自分の場合は、今すぐ使える資産ではないので資産として含めないようにしています。

 

マネーフォワード

このブログの家計簿資産管理"マネーフォワード" を使っています ( ・ㅂ・)و ̑̑

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

年金の受給見込額を調べる

 

年金見込額資産タブから、老後にもらえる予定の年金受給額をシミュレーションすることができます。

 

 

シミュレーションの方法は 3 つ用意されており、

お任せ試算独立やリタイアを想定した細かい試算もできるようになっています。

 

今回は今のまま 60 歳まで勤めたらどうなるのかという「かんたん試算」で受給見込額を試算してみます。

 

 

今の収入のまま年金を納め続け 60 歳で定年を迎えた場合、

65 歳から毎月 165,649 円貰えるという試算になりました。

年間にすると 198 万円です。

 

一人暮らしなら 198 万円もあれば、これだけで生活できそうですねー。

 

年金は結局お得なのか?損なのか?

1 番気になるのはこれかと思いますが、

年金を納めても将来の給付額が少ないので払うだけ無駄!!という方のために、年金ネットのデータを使って、年金は得なのか損なのかを調べてみましょう。

 

 

ねんきん定期便・通知書の確認タブをクリックすると、

ハガキで届く「ねんきん定期便」と同様の内容を参照することができます。

 

 

ここで注目したいのが、赤で囲った部分です。

ここでは現状の納付額を基準にした受給額を確認することができます。

つまりここで年金の納付を辞めた場合、65 歳からいくら貰えるかが分かるのです。

 

自分の例だと、今まで 500 万円納めた結果、年間 53 万円貰えることになります。

 

あとは言うまでもなく、損するか得するかは自分の寿命との相談になります。

65 歳から 10 年以上生きることができれば納めた額以上の年金を受給することができますし、それ未満だと損する結果になります。

 

 2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳男性80.98歳で、いずれも過去最高を更新したことが27日、厚生労働省の調査で分かった。

平均寿命、男女とも過去最高更新 女性87.14歳 男性80.98歳

 

仮にたった今から年金の納付を辞めたとしても、

平均寿命 87 歳まで生きると、年金の受給総額は 1,136 万円です。

500 万円納めたのに貰える総額は 1,136 万円です。600 万円以上お得です。

 

平均寿命まで生きるとしたら間違いなくお得な制度なわけです。

 

まとめ

年金に関しては不祥事続きのせいか、良いイメージがなく、またメディアの刷り込みもあり、なんとなく損するもの・不透明なものという印象が強いですが、

ハガキで届く「ねんきん定期便」や今回紹介した「ねんきんネット」を参照することで、自分の納付状況や将来の受給額を正確に調べることができます。

※ただし専門用語だらけで非常に分かりづらい・・・・

 

年金も立派な資産の一部ですので、ぜひねんきんネットで自身の資産状況を確認してみてはいかがでしょうか。



おすすめ記事

9,981view

14,800 円でも買うべき理由   このブログでは有料 WordPress テーマである、 "AFFINGER5 (アフィンガー)" を使用しています。   もう一度言います、有 ...

32,194view

セゾン投信の積立を始めてから 1 年経ちましたので、 評価額・損益・利回り・毎月の積立額などをブログ公開します!!

1,259view

Amazon で新サービスが始まりましたね (=゚ω゚)ノ その名も "Prime Wardrobe (プライムワードローブ)" ( ・ㅂ・)و ̑̑ ※wardrobe はクローゼットの意味 &nb ...

-お金

Copyright© 「ボクと投資と借金と。」| ホワイト副業リーマンがセミリタイアを目指すブログ , 2018 All Rights Reserved.