雑記

【創作】桃太郎

投稿日:

むかしむかし、巣鴨に、おじいさんとおばあさんが住んでおりました。

ある日、おじいさんとおばあさんは、メダルゲームをしに、ゲームセンターへ出かけました。

 

その日は調子がよく、なんとジャックポットを当ててしまいました。

5,000 枚です。

 

大量のメダルに混じり、なんと小さな赤ん坊も一緒に払い出されてきました。

おじいさんとおばあさんは赤ん坊を連れ帰り、育てることにしました。

その赤ん坊は「桃太郎」と名付けられました。

 

桃太郎が 18 歳になったときのことです。

世間には「政治家」という鬼がはびこっており、人々の生活を脅かしておりました。

 

桃太郎は決めました。

「ボクは将来政治家になって、悪い政治家がいない政界を作る!」

 

桃太郎が政治家をこころざし、家を出るとき際に、おばあさんはきび団子を持たせてくれました。

保冷剤も付いていたので長旅にはバッチリです。

 

桃太郎は上京し、数年後の選挙に備え、必死にアルバイトをしました。

アルバイトをしながら必死に選挙に必要な人脈作りもし、池上彰、マツコ・デラックス、デヴィ夫人の 3 人と友達になることができました。

 

桃太郎も 25 歳になり、衆議院議員に立候補することができる年になりました。

桃太郎は最年少で無所属という厳しい立場でしたが、

池上彰の選挙番組に取り上げてもらったり、

マツコ・デラックスに応援演説に参加してもらったり、

デヴィ夫人の財政力でなんとかしてもらったり、

なんとか初当選を得ることができました。

 

桃太郎は新党「桃党」を立ち上げました。

25 歳の桃太郎はイケメンなこともあり、メディアからもイケメン議員として取り上げられており、老若男女を問わず大人気でした。

そんな桃太郎人気にあやかろうと、他の議員も新党「桃党」に参加し、「桃党」は一大勢力となるのに時間はかかりませんでした。

 

そんなとき、桃太郎の無国籍問題が発覚しました。

メダルゲームから産まれた桃太郎は、出生届けを出せず、無国籍のまま育てられたのでした。

 

国籍問題が発覚した桃太郎に対し、与党・野党の議員達は連日のように批難をあびせます。

炎上してしまった桃太郎は、やむをえず議員辞職をすることになりました。

 

しかし日本から悪い政治家を一掃することを桃太郎は諦めてはいません。

次の選挙に向けて粛々と土台を固める桃太郎でした。

がんばれ桃太郎!



おすすめ記事

1,926view

PR AFFINGER 公式サイトで当サイトが紹介されました!! AFFINGERで作成されているサイト紹介   14,800 円でも買うべき理由   このブログでは有料 Word ...

417view

AFFINGER はやれることは幅広いですが、 設定項目が多いのが難点ですよね・・・。   残念ながら、 買ったものの初期設定で挫折して、 お蔵入りしている方もいらっしゃるのではないでしょう ...

377view

てっぺ式アフィリエイト = 外注アフィリエイト ボクの外注アフィリエイトのノウハウ集を note にしました!!2,480 円で販売中です ( ・ㅂ・)و ̑̑※価格変更しました 【アップデート情報】 ...

-雑記

Copyright© 「ボクと投資と借金と。」| FXの借金を返済するブログ , 2018 All Rights Reserved.