格安 SIM の mineo を 3 ヶ月つかってみたのでレビューする

年末年始ということもあって、

知人と挨拶がてら会う機会も多く、その際に「格安SIMってどうなの?」ってよく聞かれます。
安すぎるからか、疑心暗鬼の人が多いようです。
10月〜12月と3ヶ月使ってみたので感想を書いていきます。

事業者

mineo (マイネオ)

ここを選んだ理由は「知り合いが使っていたから!!」です。
得体の知れないものは人柱待ちですよね。
ソフトバンクから、mineo へMNPしました。

利用端末

iPhone 6s plus

ソフトバンク時代に買ったものをそのまま流用

 

料金プラン

mineo Dプラン デュアルタイプ 3GB

1600 円 / 月
↓↓その前に使っていたソフトバンクの料金内訳
 ホワイトプラン: 934 円
 ウェブ使用料: 300 円
 パケットし放題フラット for 4G LTE: 5700 円
 
 合計: 6934 円 / 円
 
いま思うと凄まじい料金ですね(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
毎月 5000 円ちょっと安くなりました。

サポート

ここがドコモ、au、ソフトバンクとの違いですね。
街中に見かけるようなショップはほとんどありません。
「料金プランはネットで変更するか」
「端末壊れたからメーカーサポートに連絡してみるか」
といったように、自分で手続きを済ませれる人に向いています。
というか、格安の秘訣はたぶんここなのでしょう。

通信速度

mineo はドコモ (あるいは、au) の回線を間借りして提供しているサービスなので、実際の速度はドコモ (あるいは、au) とまったく一緒です。

データ容量

自分の場合、意識せずに使用して毎月 2 – 3 GBなので、3 GBプランにしています。

データ使用量履歴

10月: 2,725MB
11月: 2,462MB
12月: 4,305MB (Amazon Prime Music 使ってたので使用量多め)
 

使用目安 (1日あたり)

ネット: 2時間
音楽: 4時間
ゲーム: 2時間

通話

ほとんど使わないので違いわからず\(^o^)/

まとめ

ネット通信メインの人なら、

mineo に乗り換えるメリットは多大にあります。
通話はLINEを使うといった工夫するといいでしょう。
毎月 5000 円削減はでかいです。
2年縛りの違約金もありますが、2ヶ月でペイできるのでさっさと乗り換えたほうがお得です。

「スマホ代は月1万くらい払うもの」というのが暗黙の常識になりつつありますが、それに意義を投げかけてくれる形での、

mineo の価格破壊は素晴らしいものだと思います。


借金の悩みは専門家へ
借金の悩みは専門家へ
「550 万の借金は、最終的には 1000 万くらい払うことになるよ」と弁護士さんに言われました。
その言葉で初めて自分の状況の深刻さに気付き、債務整理を決断しました。
借金問題は自覚しにくいため、第三者の意見を聞いてみることをオススメします。

 
借金の無料相談はこちら。Check!
関連コンテンツ