お金

純金積立は儲からない

投稿日:2017年7月3日 更新日:

毎月の余剰金の投資先として純金積み立てを検討してみました。

SBI 証券で金・プラチナ取り扱い開始

SBI 証券では 2017 年 7 月 3 日から、金・プラチナ投資の取り扱いを開始しました。

これをキッカケに純金積み立てを開始してみようと考え始めました。

 

SBI 証券が純金の取り扱いを始めるようなので、ちょっと手を出してみたいのですが、

金・プラチナもSBI証券で! 口座開設 先行受付開始!

購入手数料が 2 % とお高いので、悩み中です。

給与 (2017 年 6 月)

 

純金の特徴

一般的に資産としての金には以下のような特徴があります。

 

  • 実物資産なので無価値になることがない
  • 世界共通なので有事の際に対応できる
  • 変質しない
  • 天災につよい
  • 火災で燃えない
  • 盗難に弱い

 

このような特徴から、安全資産としては一番人気なのではないでしょうか。

 

純金積み立てのコスト

購入手数料

SBI 証券の場合、純金積み立てにかかる購入手数料は 2.16 % と業界安値です。

 

とはいえ、2 % を超える手数料帯は積立投資としては高すぎです。

積立投資として他には投資信託も挙げられますが、こちらは安いものでは 0.2 % 程度、高くても 1 % を少し超えたくらいです。

純金積み立ての場合、手数料はそれを大きく超えた 2 % です。

 

純金積み立ては手数料が高い分、それに見合ったリターンが得られるかどうかというと、そんなことはありません。

 

投資信託は積み立てることで自身の代わりに資産運用をして頂き利益をバックしてもらうというものですが、

対して純金積み立ては単に金という資産を購入し続けるだけのため、意図的に投資金を増やすための行為は発生しないためです。

 

そのため資産を増やすための投資という観点でみた場合、

純金積み立てはコスト (購入手数料) が高くリターンが少ない商品と考えられます。

つまり資産を増やすための手法としては向いていないということになります。

 

スプレッド

また売買時のスプレッドがあることも忘れてはいけません。

 

金_スプレッド

 

上記はSBI 証券の金取引画面です。

 

外貨と同様、売値と買値は同値ではなく、それぞれで価格が設定されています。

 

  • 買うときは「4,538 円」が適用
  • 売るときは「4,458 円」が適用

 

上記の場合だと、「4,538 円 (買価格) - 4,458 円 (売価格)」の差額の 80 円がスプレッドになります。

 

たった 80 円くらいと思うかもしれませんが、金価格に対して約 1.7 % のスプレッドが発生しています。

これを外貨のドル円に換算すると、約 2 円のスプレッドに相当します。

 

SBI 証券のドル円スプレッドは 0.5 銭なので、純金積み立ては外貨積み立ての約 40 倍のスプレッドが発生していることになります。

FX 経験者は 2 円という高スプレッドのヤバさは分かっていただるのではないでしょうか。

 

ということで、純金積み立ての場合、

高めと考えられる購入手数料 2.16 % 以外にも、約 1.7 % のスプレッドも加わってくるため、

結果的に投資額に対して 4 % 程度のコストが発生することになります。

 

純金積み立て経験者の例

ケース 1

我が家は、田中貴金属を利用しているのですが、
 
・2010年4月から、月10,000円(2月8月は20,000円)で開始し、
・2012年2月から、月15,000円(2月8月は30,000円)に増額し、今に至っています。
⇒ 2016年1月末時点の投資総額は、1,090,000円になります。

純金積立をやってみた

 

こちらの方の場合、5 年以上に渡って純金積み立てをされています。

2010 年から 2016 年というと、金価格は上昇傾向にある時期で、チャートでみると以下のような時期になります (緑で囲っている部分)

 

金_チャート

 

それにもかかわらず、

 

直近の田中貴金属からのレポート(2016年12月末基準)によると、
時価評価額は1,062,025円(238.2826g)です。
12月までの積立総額は、1,075,000円なので、
 
5年間の結果は...
△12,975円の赤字  です。 ガーン!

 

赤字!?

これだけの上昇傾向時に積み立てていても、赤字なんですか・・・!?

 

田中貴金属工業を利用されていたようですが、田中貴金属は購入手数料が比較的高く、1 - 3 万円の積み立ての場合の購入手数料は 2.5 % です。

 

購入時に手数料を取られ、更に売買時のスプレッドを考慮すると、これだけの価格上昇したとしても赤字に転落してしまうようです。

 

価格上昇時に発生したと思われる利益がすべて手数料に吸い取られてしまっています。

手数料ってこわい ((((;´・ω・`)))

 

ケース 2

資産運用として4年半前から純金積立を行っています。ブタの貯金箱のCMでも有名な田中貴金属のG&Pプランナーです。

毎月の積立金額ですが、開設当初は1万円でしたが、途中から2万に増やしています。

純金積立の最大のデメリットは手数料が高すぎること。簡単に儲からない理由は?

こちらの方の場合は、4 年半純金積み立てを行い、金価格をチェックしたところ上がり調子だったため売却額を調べてみたところ、なんと赤字だったとのことです。

利益が上がらなかった原因としてやはり高額な手数料を挙げられています。

純金の場合、運用益が発生する類のものではないので、

高額手数料を払った上で金貨価格の上昇にだけ頼った資産増を狙うのはやはり難しいのでしょう。

純金投資との付き合い方

以上を踏まえ、純金積み立ては資産を増やす手段としては向いていないという感想です。

 

そんな金を資産として保有することの意義ですが、資産価値が大きく変動しにくくかつ安全資産であることから、

資産を増やすための投資ではなく、資産構成の一部分 (10 % ほど) を金とすることで、金利上昇などに備えたリスクヘッジ要素としての利用が妥当かなと思います。

 

ある程度資産が築けている方は、なるべく分散し、有事の際の資産減少幅を減らすことに注力する必要があるため、金を資産にに組み込むことは選択肢として全然アリだと思います。

 

ですが自分の場合、まだ資産を積極的に増やしていきたい段階ですので、純金積み立ては見送りという判断となりました。

おすすめ記事

1

借金返済に追われる日々が続くと、「この苦しみは、完済するまで終わらない」「完済なんて無理だし、一生このまま借金漬けの状態が続く」などと考えてしまいがちです。

-お金

Copyright© ボクと投資と借金と。 , 2017 All Rights Reserved.