自己破産とは

自己破産とは

借金の返済が困難になり、返済の遅延が続いてしまった場合、債務整理をすることで借金の返済を軽減することができます。

しかし、任意整理や個人再生など、他の債務整理を行っても返済が難しいのであれば、自己破産を選ぶしか方法はありません。

自己破産のメリット

自己破産に関してはさまざまなデマが飛び交っており、自己破産にはマイナスの面しかないように思われがちですが、どうしても支払いが困難になった方にとってはいくつかのメリットもあります。

自己破産を申し立て、裁判所から免責決定が下されれば、その後の借金の返済が免除となります。

また、弁護士などに自己破産の手続きを依頼すると、債務の額を確定するために、返済が停止となります。

つまり、自己破産の手続きを依頼した時点で督促がやみますので、督促により心身が疲れてしまった方は自己破産を申し立てることで安心して生活ができるようになるでしょう。

また、自己破産を申立てると同時に、給与などを差し押さえられることもなくなりますし、これまで給与や財産を差し押さえられていた場合も、差し押さえが失効します。

自己破産のこれ本当?

それから、自己破産をすると、財産全てを失うものと勘違いしている方がいますが、そのようなことはありません。

確かに自宅や車などの手持ちの財産を売却し、売却により得られたお金を返済に充てることになりますが、家財道具や現金など、生活に最低限必要な財産は残すことができます

また、自己破産をすると会社をクビになる、家族の進学や就職に不利になるなどといったデマが流れていますが、自己破産したからといって解雇することは法律で認められていませんので、自己破産を理由に失業することはありません。

さらに、自己破産することで一定の制限が設けられることはあるものの、日常生活は普通に送れますし、家族の進学や就職に響くこともありません

自己破産のデメリット

ただし、自己破産をすると官報や破産者名簿に住所と名前が掲載されてしまうというデメリットがあります。

官報は政府発行の機関紙で一般の方が見る機会はありませんし、破産者名簿は非公開となっているため、周囲に自己破産が知られることはないでしょう。

ただ、自己破産をしたことは個人信用情報機関に登録されてしまいますので、その後7年間はローンやクレジットカードが利用できなくなります。

自己破産にはデメリットばかりあるというイメージがありますが、本当に自己破産しなければならない方にとってはメリットもあります。

そのため、自己破産を検討しているのであれば、正しい知識を身に付けて、本当に自己破産をすることが最善の道であるかどうか、もう一度考えてみると良いでしょう。

借金の悩みは専門家へ
借金の悩みは専門家へ
「550 万の借金は、最終的には 1000 万くらい払うことになるよ」と弁護士さんに言われました。
その言葉で初めて自分の状況の深刻さに気付き、債務整理を決断しました。
借金問題は自覚しにくいため、第三者の意見を聞いてみることをオススメします。

 
借金の無料相談はこちら。Check!
関連コンテンツ