自身で解決出来るか、弁護士に依頼する方が良いか

自身で解決出来るか、弁護士に依頼する方が良いか

債務整理には、任意整理特定調停個人再生自己破産の4種類がありますが、自分で手続きができるものと弁護士や司法書士などの専門家に依頼しなければできない手続きがあります。

任意整理の場合

まず、任意整理は、債権者と返済方法や返済額について直接交渉し、返済額を軽減してもらうことで、生活の再建を目指します。

任意整理の場合、自分で貸金業者と交渉することも可能ですが、かなりの専門知識と交渉力がなければ、なかなか和解することは難しくなっています

また、業者も個人からの申し立てには応じないところも多いため、弁護士や司法書士に手続きを依頼することが一般的となっています。

特定調停の場合

個人の力で任意整理を行うことが難しい場合、簡易裁判所にて特定調停の手続きをすることで、任意整理と同じ内容で和解を成立させることが可能です。

ただし、自分で手続きするには、かなり勉強して知識を身に付けておかなければなりません

個人再生の場合

なお、個人再生の場合、手続きがかなり煩雑であるため、個人が申し立てることはほぼ不可能です。そのため、個人再生により借金を整理する場合は、弁護士に依頼することになります。

自己破産の場合

そして、自己破産に関しては、破産と免責の2種類の手続きが必要です。

もし、処分する財産がないのであれば、破産手続と同時に廃止決定となるため、自分で手続きすることも可能です。

一方、所有する財産がある場合、弁護士を破産管財人として立てなければならないため、あらかじめ弁護士に手続きを依頼することが必要です。

個人手続きのトラブル

このように債務整理を自分で行えるケースもありますが、いずれの場合もかなりの専門知識が必要となります。

また、個人が自己破産の手続きをした場合、知識不足が原因で免責決定がおりないなどといったトラブルも多くなっています

そのため、裁判所も本人による申立てを受け付けないことがほとんどです。

債務整理の手続きをスムーズに進めるためには、弁護士などの専門家に依頼することをおすすめします。

弁護士に手続きを依頼するとお金がかかりますが、弁護士は手続きを受け付けると債務整理の受任通知を貸金業者あてに発送します。

業者がこの通知を受け取ると債務者に対し督促を行うことができなくなります

一方、自分で債務整理の手続きをした場合、裁判所に申立てが受理されるまでの間に執拗な督促を受けることもあります。

特に業者からの督促で心身ともに疲れてしまったという方は、弁護士に債務整理の手続きを依頼すると、毎日安心して生活できるようになります。

借金の悩みは専門家へ
借金の悩みは専門家へ
「550 万の借金は、最終的には 1000 万くらい払うことになるよ」と弁護士さんに言われました。
その言葉で初めて自分の状況の深刻さに気付き、債務整理を決断しました。
借金問題は自覚しにくいため、第三者の意見を聞いてみることをオススメします。

 
借金の無料相談はこちら。Check!
関連コンテンツ