歯科矯正 (インビザライン)

インビザラインまでの道① 【カウンセリング】

投稿日:2017年1月17日 更新日:

ずっと昔に「歯科矯正しよっかなー」と悩んでるのを語ってた (歯科矯正の見積りしてみた) のですが、

矯正前の検査だけは年末にやってきてたんですよ、2 万円払って!! しかも、12/25 !!

今日はその検査結果を受けてのコンサルでした。

病院選び

矯正に際して、クリニックを何件かでカウンセリングで回っていたのですが、

最終的に精密審美歯科センターで治療することに決めました。

 

ボクの歯科矯正の最優先は「バレにくい矯正」だったので、

  • 周りにバレにくい透明なマウスピース矯正を勧めてくれた
    → 噛み合わせが深いため、歯裏ワイヤー型の矯正だと、噛み合わせの際に歯がワイヤーに当たって痛いだろうから向かないと言われました
  • 歯の裏側にワイヤーを装着するタイプと比較すると 50 万円ほど安い、80 万円だった
  • 医療費控除が適用されることを説明して頂けた
    → 確定申告時に領収書を提出すると税金の控除がされ、自分の場合は支払った額のうち 20 万円ほどが後に還付されるようでした

といったポイントが、「このクリニックにしよう!」と思った決め手でした。

歯裏ワイヤーの矯正よりも、マウスピース矯正のほうが安かったということです。

総額 80 万円ですが、医療費控除での還付を考慮すると、実質 60 万円ほどです。

 

費用の明細

矯正費用の明細

 

  • 検査代: 20,000 円
  • 治療費: 780,000 円
  • キャンペーン割引: -20,000 円
    ※無料カウンセリング後、2 週間以内の申し込みで割引が適用
  • 治療用インプラント (2 本): 40,000 円

 

合計: 820,000 円

 

支払い方法は、分割払い (4 回) にしました。

その他に、一括払いデンタルローンクレジットカードなどもあるので、詳しくはカウンセリングで相談してみてください。

 

精密審美歯科センター 公式サイト

 

先生のはじめの一言

「いやぁ、今回はだいぶシビアな治療になりそうです、ちょっと説明しますね」

「重度の場合、健康保険使って外科手術絡めた矯正もできるのでそこも視野に入れた話をしますね」

 

「えっ、そこまで重症だったの!!」

「まったく自覚なかった\(^o^)/」

 

私の顎の状態

上顎に対して、下顎が凹みすぎているそうだ。

いつも横顔がブサイクだなと思っていた原因はこれだったのか!?

 

その凹み具合が、重度だと健康保険での治療で、

外科手術で下顎を前にだしてきてから、矯正治療することができるそうなのです。

自分はそれが適用なるかどうかのグレーゾーンらしい。

 

ただ、保険治療なので矯正器具の融通がきかず、例の金属ワイヤーなのですよ・・・。

これはないな。

 

インビザラインという最新の矯正方法

金属ワイヤーは嫌だったので、多少は高くても、先生から提示された「インビザライン」というマウスピースを使った矯正にしました。

マウスピースを常時つけっぱで、徐々に歯を動かしていくそうです。

 

インビザライン

 

いまの歯型から最終形までの流れをコンピュータでシミュレーション

機械で歯型のデータを作る

米国にデータ転送

たくさんのマウスピースが届く

マウスピースを 2 週間ごとに交換していく (これを 3 年)

 

3 年か長いな・・・w

でもお金払っちゃったからがんばろうw

 

ちなみに自分のケースの場合、80 万円でした (追加料金なし)

 

けっこう難しい案件らしくて、

先生は「学会いったら他の先生にも相談してみるわ」と言ってました。

「ぜひ挑戦させてください!!」とも言われましたw

 

って書くと、すさまじい歯並びを想像すると思いますが、

そこまでじゃないっすよ!!? まじで。

 

さてセミリタイアとインデックス投資に加え、新たに長期間やることが増えました。

がんばろう。

 

なのでカテゴリに「歯列矯正」というのが増えました\(^o^)/

このカテゴリーの更新がされてなかったらサボってるってことなので叱ってくださいw

 

 

ボクがお世話になっている矯正歯科はこちらです!!

無料カウンセリングも手厚く、料金なども丁寧に説明いただきました!

精密審美歯科センター 公式サイトCheck!

 

おすすめ記事

1

借金返済に追われる日々が続くと、「この苦しみは、完済するまで終わらない」「完済なんて無理だし、一生このまま借金漬けの状態が続く」などと考えてしまいがちです。

-歯科矯正 (インビザライン)

Copyright© ボクと投資と借金と。 , 2017 All Rights Reserved.