雑記

【犬日記】頚椎炎症でうまく歩けない

投稿日:

ここ数日、愛犬の様子が悪く、うまく四肢で歩けずにいました。

 

食欲はいつも通り旺盛なため「くじいたのかな?」くらいで様子見していたのですが、

よくよく見てみると、歩く際に左前足を上げきれずに若干引きずっていました。

ずっと下を向き、ヨタヨタとしか歩けず、走ろうとしても走れない状態です。

 

ジャンプしようと踏ん張るもののうまく力が入らず転んでしまったり、

宅配便がきた際に吠える声もいつもと違っていたりと、いつもとは様子が違っているのが分かります。

 

犬_ナックリング

go! justy!

上記のような、ナックリングという、足が裏返ってしまう症状も時折でており、行きつけの動物病院へ連れていきました。

 

先生に症状を伝え、診察してもらったところ、

「頚椎が圧迫などで炎症を起こして、左足に麻痺がでているのではないか」とのことでした。

ずっと下向いていたりしたのも激しくはないが、多少の痛みがあったからだろうとのこと。

 

年齢的に足にガタがくるのもないだろうし、

もし脳の病気だとしたら (怖い話ですが・・・) 両足に麻痺症状が見られるだろうから、頚椎が原因だろうとのことでした。

とりあえず今回のところは炎症を抑える注射をしてもらい、しばらくは安静で様子見にしていることにしました。

 

激しく動けないため家でも横になっていますが、

名前を呼んであげると、寝たまま喜んで尻尾を振るので、そんな姿を見ていると余計痛々しく感じます。

 

自分から甘えてくるのも辛そうなので、ボクは撫でてあげるくらいしかできないのが辛いですね。

家の中で走り回り、ボクの膝の上にダイブして甘えてくるのが大好きな犬なので、早く元気になってもらいたいものです。

借金問題は専門家へ!

司法書士や弁護士に相談することで「自分に合った債務整理の方法」「いくら減額できそうか」といった具体的な解決策を伺うことができます。

独りで悩まず、専門家の意見を聞き、借金完済に向けて一歩を踏み出しましょう。

【借金の無料相談】街角相談所 公式サイトCheck!

 

弁護士の借金相談の詳細を知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

【街角相談所 (法律)】弁護士の借金解決方法とは?

借金返済に追われる日々が続くと、「この苦しみは、完済するまで終わらない」「完済なんて無理だし、一生このまま借金漬けの状態が続く」などと考えてしまいがちです。

続きを見る

 

-雑記

Copyright© 「ボクと投資と借金と。」FXの借金550万円を返済するブログ , 2017 All Rights Reserved.