お金

球根が 1 億円!? オランダのチューリップバブル

投稿日:2017年1月9日 更新日:

年末年始で読みきるつもりで買った「ウォール街のランダム・ウォーカー」ですが、
まだ 100 ページくらいだったり。なにせボリュームが多いもので ┐(´-`)┌

バブルの歴史

100 ページくらいまでは、今まで歴史上あったバブルの事例が紹介されています。
時代は繰り返す、ってやつですね。

「株価が意図的に作られ、それに市場がつられて高騰 > 暴落した」

 

「時代に応じたトレンドワードを入れた社名にするだけで株価が上昇した (ex. エレクトロニクス、バイオ)」

 

「とりあえず新規公開株は何でも上昇した」
などなど。21 世紀と大差ないですね。

オランダのチューリップ・バブル

紹介されてる事例の中でおもしろいなと思ったのが、
17 世紀にオランダであったチューリップバブルです。
Dscn3018_m.jpg
バブルというと、土地とか株のイメージがありますが、
このときは「チューリップの球根」に高値がついたそうです。

「国全体が経済活動をそっちのけにして、チューリップ球根の投機に浮かれた」

「貴族も、平民も、農民も、職工も、水夫も、人夫も、メイドも、煙突掃除人も年老いたお針子までも、チューリップ熱にとりつかれた」

という記述が残ってるくらいらしいです。
バブル期間はたった 4 年間くらいだったようですが、
当時のオランダの人々は、土地などの私財を売ってまで、チューリップの球根を買い漁っていたそうです。
バブル熱って怖い 。゚(゚´Д`゚)゚。

チューリップバブルのエピソード

チューリップバブル期の、おもしろい (悲しい?) エピソードもありました。

とある船乗りが航海の到着を商人に知らせにきたところ、褒美に朝食を振舞われたそうな。

船乗りは、ふと部屋をみると「玉ねぎ」がおいてあったため、朝食の薬味だと思いそれを食べてしまったそうです。

なんと、その玉ねぎは【とてもとても】高価なチューリップの球根だったらしく、商人は怒り狂い、船乗りは窃盗罪で投獄させられたそうな。
※どのくらい高価かというと、乗組員全員を 1 年養えるくらいらしい

  

高級チューリップ

対象のチューリップは「センバー・オーグスタス」という種類で、

市民の平均年収の 24 年分相当だったという記録があります・・・。

 

いまの日本円にしたら、1 億強ですね。

そりゃ商人怒りますわ。

 

せっかくなので画像さがしましたよ!!

 

見よ!! これが 1 億のチューリップだ!!

 

semperaugustus.jpg

 

バブル末期には、球根価格は急速に下落し、文字どおり玉ねぎと同価値になったそうです ┐(´-`)┌

 

次回は、90 年代のバブル (in Japan) です。

 


 

おすすめ記事

1

借金返済に追われる日々が続くと、「この苦しみは、完済するまで終わらない」「完済なんて無理だし、一生このまま借金漬けの状態が続く」などと考えてしまいがちです。

-お金

Copyright© ボクと投資と借金と。 , 2017 All Rights Reserved.