ふるさと納税

ふるさと納税をした場合の確定申告の方法!不要な人はいるの?

投稿日:2018年11月30日 更新日:

ふるさと納税をした場合の確定申告の方法をまとめてみた

毎年2月から3月の時期になると、

「そろそろ確定申告の準備をしなければ・・・」

といった声が聞こえてくるのではないでしょうか。

 

確定申告とは所得にかかる税金を計算して税務署に支払う手続きになります。

 

確定申告の対象者

  • 配当所得があった人
  • 不動産所得があった人
  • 事業所得のある個人事業主
  • 給与所得があった人
  • 退職所得があった人
  • 譲渡所得があった人
  • 一時所得があった人
  • 雑所得があった人

 

会社員やサラリーマンは会社が代わりに行ってくれますが、一定の収入を得ている個人事業主やフリーランスは自分で行わないといけません。

 

ふるさと納税で地方自治体に寄付金を納めている方は、寄付金控除の対象になります。

 

つまり、確定申告で還付や控除を受けられるため、ふるさと納税は税金の優遇措置を受けられるわけです。

 

ここではふるさと納税をした場合の確定申告の方法を説明していますので、何をすれば良いのか流れをチェックしておきましょう。

 

確定申告の方法を選ぶ

確定申告の方法

  • 税務署の窓口で報告書を作成して提出する
  • 国税庁のホームページで申告書を作成してプリントアウトして最寄りの税務署に提出する
  • 国税庁のホームページで申請書を作成してオンラインサービスのe-Taxで提出する

 

わざわざ税務署に足を運ばなくても、現在では国税庁の公式サイトで確定申告の書類を作成できるようになりました。

 

必要な書類やものを揃える

ふるさと納税を利用した時に限った話ではないものの、確定申告では必要な書類を揃える必要があります。

 

確定申告に必要な書類

  • 勤務先で発行した源泉徴収票
    ※年末調整が終わった時期に会社から貰うことができる
  • ふるさと納税で寄付した事実と寄付金額を証明する寄付金受領証明書
    寄付先の自治体に相談する
  • 所得税の還付金を受け取るための本人名義の口座と口座情報
  • マイナンバーが分かる通知カードや本人確認書類
    ※2016年から確定申告ではマイナンバーが必要になった
  • 印鑑
    ※認印で問題ないが、シャチハタは使用できない
  • 郵送手続きで確定申告をする場合は封筒や切手

 

寄付金受領証明書は確定申告の申請書に添付しないといけないので要チェックです。

 

確定申告の申告書を作成する

確定申告の申告書の作成方法

  • 手書きで作成
  • 確定申告書等作成コーナー
  • 電子申告(e-Tax)

 

「確定申告書等作成コーナー」の場合

  1. 国税庁の公式サイトにアクセスしてPCやプリンタの環境を確認する
  2. 一番上の「所得税コーナーへ」をクリックする
  3. 給与所得や公的年金所得のみの場合は「給与・年金の方」をクリックする
  4. 書面印刷をする時は「確定申告書を印刷して税務署へ提出」にチェックを入れる
  5. 所得の種類を「給与のみ」「年金のみ」「給与と年金の両方」の中から選択する
  6. 「寄付金控除」「医療費控除」「雑損控除」「住宅借入金等特別控除」を選択する画面に移る(ふるさと納税では寄付金控除を選ぶ)
  7. 「給与所得」「所得控除」「その他の情報」を間違えずに入力する

 

申告書の作成作業はここで終わりで、データをダウンロードして印刷すればOKです。

 

申告書を提出する

全ての情報を入力した申告書を印刷した後は、税務署に直接持参します。

 

郵送で提出する方法もありますが、自宅の近くに税務署がある方は確定申告について色々と尋ねるために直接足を運んだ方が良いでしょう。

 

また、マイナンバー制度の導入で、平成28年分以降の確定申告ではマイナンバーの記載と本人確認書類の提示又はコピーの添付が必要になりました。

 

ふるさと納税の寄付で初めて確定申告にチャレンジする方は、十分に注意してください。

 

ふるさと納税で確定申告が不要な人はいるの?

確定申告の手続きを行うに当たり、

「面倒だな〜」

「良く分からないな〜」

と悩んでいる方はいませんか?

 

確かに、ふるさと納税で寄付した金額の税金控除を受けるには確定申告が必要です。

 

しかし、ワンストップ特例制度を利用すれば、ふるさと納税に申し込んだ後の確定申告が不要になりますよ。

 

ワンストップ特例制度の利用条件

  • 元々確定申告が不要な会社員やサラリーマン
  • 1年間のふるさと納税の寄付先が5自治体以内
  • 申し込みの度に自治体へ申請書を郵送している

 

面倒な確定申告が不要になる便利な制度ですので、積極的に利用していきましょう。

 

ふるさと納税のワンストップ特例制度とは?申請の方法や流れ

続きを見る

 

まとめ

大まかな流れさえ分かっていれば、ふるさと納税で税金の控除を得るための確定申告はそこまで難しくありません。

 

もちろん、条件に該当しているのであれば、ワンストップ特例制度を利用するのは選択肢の一つです。

 

2015年から寄付の上限額が2倍になってふるさと納税市場は急成長していますので、是非一度申し込んでみてください。

 

ふるさと納税をする前に

  • ふるさと納税の上限額は年収家族構成で異なります
  • 上限額チェックを忘れずにしておきましょう ( ・ㅂ・)و ̑̑

\簡単シミュレーション/

※「年収」「家族構成」を選ぶだけ

 

 



-ふるさと納税

Copyright© 「ボクと投資と借金と。」| ホワイト副業リーマンがセミリタイアを目指すブログ , 2018 All Rights Reserved.