借金

友人からの借金は拡散されるぜ

投稿日:2017年6月6日 更新日:

知人への借金依頼は隠せないので辞めたほうがいいという話です。

地元の友達と飲んでいた時のこと。

 

友人 1 「そういえば、A から借金依頼きたわー」

友人 2 「マジでそっちにもかよ! 自分にもきたんだわ」

ボク  「自分のとこにもきたわ。みんなところにいってるんだね・・・」

 

どうやら A 君は、知り合いに片っ端から借金依頼しているようです。

 

↑↑の話を聞いていた残りの友人も

「そうなのか・・・」

とドン引きです。
後日、実家に帰ったとき

 

母親「A 君が借金依頼して回ってるんだって?」
  「あんた、まさか貸してないよね?」

 

ボクに他人に貸せるお金があるわけがないのですが、

なんとうちの母親も知っていました。

お母様ネットワーク上にも拡散されているということですね。

 

お母様ネットワークで情報が広まったらもうおしまいです。
もう地元一帯に知られているのと同義です。

 

道行く人たちに「あいつと仲良くなると金を貸せと言われる」と後ろ指さされながら余生を過ごすことになります。

 

 

知人からの借金は本当に怖いですねー。

狭いコミュニティの中だと、噂は簡単に広まってしまいます。

 

逆に貸す側が身内 (両親、親戚) の場合、

借金は恥ずかしいことなので、漏れないよう最新の注意を払ってくれるので安心です。

 

 

どうしても借金する必要があったら、↓↓の優先度で行うのが無難でしょう。

 

両親 > 消費者金融 > 親戚 >> (やってはいけない壁) >> 知人 > ヤミ金

 

ついついリアル生活でポロっと話したくなりますが、

なるべく借金の事実は隠しておいたほうがいいのだと、実感した出来事でした。

 

借金の無料相談はこちら。Check!

おすすめ記事

1

借金返済に追われる日々が続くと、「この苦しみは、完済するまで終わらない」「完済なんて無理だし、一生このまま借金漬けの状態が続く」などと考えてしまいがちです。

-借金

Copyright© ボクと投資と借金と。 , 2017 All Rights Reserved.