電気代削減への道① 【まずはアンペアについて知る】

生活の固定費の見直しをもっとできないかと思い、電気代の削減ができないか考えてみます。

電気代の削減方法

  1. アンペアの見直し
  2. 電力会社の乗り換え

今回の記事では、「1. アンペアの見直し」について考えます。

参考にしたサイトはこちらです。

一人暮らしに最適なアンペア数とは

アンペアって何ですか?

一人暮らししてもう 15 年くらい経つんですが、

アンペアが何かよくわからないまま過ごしていました・・・。

せっかくなので、まずはアンペアとは何かを知るところから始めます。

アンペアとは

簡単にいうと「同時に使用できる家電の量」になるそうです。

アンペア数は、10 – 60 A があって、料金目安は下記の通りです。

アンペア料金の目安

自分は現在、30 A 契約なのですが、

上記だけみると、

10 A にしたら月々 560 円お得じゃね!?」

「一人暮らしだし、そんな電気使ってないしいけるだろう」

と思ってしまうところですが・・・。

各家電のアンペア使用量の目安

家電のアンペア使用量の目安

意外とアンペア食うもの多いですね・・・。

自分の場合、よく使う家電は以下になります。

常時使用
エアコン冷暖房 6.6 A
冷蔵庫 2 A
蛍光灯の照明 0.7 A
合計 9.3 A

1 日数回使用
電子レンジ 15 A
ドライヤー 12 A
ドラム式洗濯乾燥機 13 A

常時、9.3 A は使用中ということです。

使用アンペアが、契約アンペアを超えるとブレーカーが落ちます!!

最適なアンペア数

10 A だと、電子レンジとドライヤーと洗濯機が使えない!! (笑)

20 A でも、常時使用+αで何かした途端にブレーカー落ちちゃいますね。

てことは、

今の 30 A 契約が実は最適だったということか!!

入居時に自動的に 30 A 契約されてたので、

「高いアンペア数契約にしておいて、何も知らない情弱から金を巻き上げるつもりなんじゃないかね!?」

と思っていたのですが、

30 A は一人暮らしに適切なアンペアだったようです。

まとめ

・いまの 30 A 契約は最適プランだった

・20 A でもいけなくはないが、家電使うたびにビクビクする生活を送る羽目になる

・アンペア数の契約を引き下げて、電気代を削減するのは無理そう

次回は、本命の

電力会社を乗り換えると、電気代が削減できるのかを考えてみます。

借金の悩みは専門家へ
借金の悩みは専門家へ
「550 万の借金は、最終的には 1000 万くらい払うことになるよ」と弁護士さんに言われました。
その言葉で初めて自分の状況の深刻さに気付き、債務整理を決断しました。
借金問題は自覚しにくいため、第三者の意見を聞いてみることをオススメします。

 
借金の無料相談はこちら。Check!
関連コンテンツ