【クラウドワークス】最低支払額 (タスク保証料) 300 円が復活

クラウドワークスの、タスク形式の手数料体系が 2017 年 6 月から変更になったようです。

クラウドワークスのタスク保証料とは?

クレジットカード明細を見ていたところ、

クラウドワークスで「タスク保証料 300 円」という支払いが発生していることに気づきました。

クラウドワークスの FAQ で調べてみました。

タスク形式のお仕事の依頼時、クライアントにお支払いいただく
最低支払額」を300円と定めております。

単価10円の作業を50件(500円分)依頼
・10件承認した場合
承認した作業単価の合計が100円・・・200円がタスク保証料として発生、合計300円のお支払い

【クライアント】タスク保証料(最低支払額)について

なるほど、

発注側 (クライアント) のシステム利用料として最低 300 円は発生してしまうということですね。

  • タスク形式で発注
  • 発注内容に不備を発見
  • 発注キャンセル (承認 0 件)
  • 発注内容を修正し、再発注

今回は上記だったため、

承認 0 件の状態で発注キャンセルをしたので、利用料だけ請求されたようです。

2017 年 6 月から復活した最低支払額

発注内容を変更するために、キャンセル → 再発注は何度かやったことあったのですが、

「なぜ今回だけ発生したのだろう?」と疑問に思い調べてみました。

2.タスク形式案件の手数料無料化一時停止について
開始日時:2017年6月1日(木)  13:00

※なお、手数料無料化に伴い実施しておりました、最低支払い金額(300円)の制限撤廃も、合わせて一時停止いたします。

「クラウドワークス」におけるタスク形式案件手数料無料化の一時停止のお知らせ

お知らせが出ていました。

2017 年 6 月から、タスク型案件の発注時の手数料が復活していたようです
※手数料は報酬額の 20 %

またそれに伴い、最低支払金額も 300 円に引き上げになったようです。

・2017 年 6 月以前

 発注者の支払いが 0 円の場合、クラウドワークスへの利用料は 0 円

・2017 年 6 月以降

 発注者の支払いが 0 円の場合でも、クラウドワークスへの利用料は 300 円かかってしまう

(参考) タスク形式の利用料無料は 2015 年 に始まった

ちなみに、タスク形式の利用料無料は 2015 年 11 月から開始された制度のようです。

作成日:2015年11月10日 by:クラウドワークス事務局

この度、クラウドワークスのお仕事依頼形式の1つ、タスク型クラウドソーシングの最低支払額を撤廃いたしました!
これにより、先立ってスタートした受注者の手数料無料化と合わせ、タスク型クラウドソーシングの「完全無料化」を実現いたしました。

【クラウドワークス公式】タスク型クラウドソーシングの最低支払額の撤廃について

2017 年 6 月以前は、

最低支払額が 300 円未満だった際は、その差額をクラウドワークスが補填してくれていたようです。

まとめ

2017 年 6 月から、タスク形式で発注した際に、承認した支払額に関わらず 最低 300 円の手数料が発生するようになりました。

ただし「一時停止」という表現をしているので、暫定措置と考えられます。

今までは発注するだけなら手数料が無料だったため、気軽に発注行為ができていましたが、今後は発注するだけで手数料が発生します。

発注内容や単価は安易に変更できなくなるので、よく確認してから発注するようにしましょう。

無料だったものが有料になると改悪のように感じてしまいますが、

サービス提供側が利用料を徴収するのは当然のことですので、むしろ健全化の流れなのではないかと思います。

また今回の改定の背景として「仕事依頼内容の質低下」が挙げられており、無料にしていたことで発注者の質が下がり、受注者とのミスマッチが発生していたとのことです。

クラウドソーシングの場合、発注者優位になってしまいがちであり、発注者の気分で報酬が未払いになってしまうことは多々あります。

  • 「要件に合っていない!」と言われ承認されない
  • 追加要望がどんどん増えていって割に合わない

発注要件がアバウトだった場合、このようなことが起こり得ます。

そのため、受発注者間の認識の齟齬を減らし、受注者を保護するという意味で、個人的には今回の改定は妥当なのかと感じています。

借金の悩みは専門家へ
借金の悩みは専門家へ
「550 万の借金は、最終的には 1000 万くらい払うことになるよ」と弁護士さんに言われました。
その言葉で初めて自分の状況の深刻さに気付き、債務整理を決断しました。
借金問題は自覚しにくいため、第三者の意見を聞いてみることをオススメします。

 
借金の無料相談はこちら。Check!
関連コンテンツ