借金

200万円借金してビットコインに投資 | 暴落に振り回される

投稿日:2018年1月14日 更新日:

体験者の情報

※注: サイト管理者の体験談ではありません。

 

  • 年齢: 46 歳
  • 職業: 会社員
  • 借金の原因: 仮想通貨 (ビットコイン) への投資のため
  • 借入先: バンクイック
  • 借金総額: 200 万円

 

仮想通貨に投資した理由

株式投資、外国為替FXの投資歴は10年以上あり、それなりに知識や売買技術は身に着けているつもりでしたが、当初は無視続けるつもりであった仮想通貨に掟破りの借金して投資をしたために冷や汗をかくことになりました。

 

外国為替の損失の穴埋め目的で

株式投資ではトータルではそれなりの利益を出していますが、外国為替FXでは過去に大きな損失を出したことがあり、未だ損失を取り返そうと日夜努力しているところです。

 

FXで利益を出すためには知識や投資技術も必要ですが、何より重要なのは大きく儲けたいという欲望を自己管理することで、細かく確実に利益を上げながら大きく利益が狙えるチャンスを持つという姿勢が、私の場合には継続して利益を上げることに繋がっていました。

 

大きな利益を狙うということは、レバレッジを効かせるFXではその分リスクを抱えることになりますので、チャンスを見極める目が重要になります。

仮想通貨については、正直よく理解していないということから当社は投資対象としては考えていませんでした。

 

仮想通貨のFX取引についても知っていましたが、国内FXであれば相対取引のスプレッドも広いのだろうと真剣に考えることはありませんでした。

 

ところが、2017年に入りにわかにビットコインの噂を聞く機会が増えてきて、気になっていたところにキプロスショック以来の大暴騰相場がやってきました。

 

調べてみたら、2017年12月に米CMEに先物上場の予定や2018年にはナスダック市場への上場が予定されているということで、これはひょっとすると大相場になるのではと考えるようになりました。

 

カードローンに200万円の枠が

当時は仮想通貨といってもビットコインしか知りませんでしたが、ビットコインの価格が大暴騰を始めることになり、このチャンスは逃したくない考えトレンド発生を信じて飛び乗ることにしました。

 

とは言え、家庭に投資は持ち込まないという基本方針がありますので、自分の小遣いから投資資金をねん出する必要があります。

 

ところが余資金はすべて株とFXにつぎ込んでいますので仮想通貨にあてがうお金がなく、こんな時のために以前作っていたカードローンを利用することにしました。

 

利用したのは、以前新規公開株の抽選に当たった時に利用した給与振込先銀行のカードローンのバンクイックで、枠は200万円利用可能でした。

 

投資の原則から行くと借金して投資するというのは完全な掟破りとなるのですが、過去のインターネットバブルやアベノミクスなどの経験上、かなりの確率で儲けられると考え、飛び乗った価格は1BTC180万円台中盤での購入となりました。

 

すでに掟破りの投資ですが、さすがにFXでの購入はリスクが大きすぎるためやめておき、今回は現物投資にしたことで後々救われることになります。

 

ビットコインの乱高下相場に振り回される

購入したビットコイン価格はすぐに200万円を突破することになり、短期売買の目的であればこれ以上ないようなタイミングでの購入となり、通常の外国為替FXでは短期売買していますので売却しなければならないポイントです。

 

と頭ではわかっていましたが、今回は現物投資でありリスクがそれほど高いわけではないという考えが判断を誤らさせることになります。

 

結局は高値掴みに

売るべきポイントで売らないと悲惨なことになる可能性が高いのですが、大暴騰したビットコインの価格はあっという間に今度は200万円を割り込み、さらに買値も割り込んで150万円台まで暴落していくことになります。

 

通常の外国為替FXであれば、損切りポイントやトレーディングストップを置くところですが、今回は現物投資ということでそれも置いてなく、おいおいどこまで下がるのかよという感じでしたが、何とか150万円台で止まってくれたようです。

 

やはりというか、仮想通貨ビットコインといえども飛び乗り投資で大きな利益を狙うことはそう簡単ではなく、その後は借金したにもかかわらず数十万円単位の含み損失を抱えることとなりました。

 

骨折り損のくたびれ儲け

暴落したビットコインの価格は年末にかけて再度上昇することになりましたが、買値を少し上回ったところで売却し、いわゆるチャラ逃げすることになりました。

 

借金でなければもう少し様子を見たいところですが、200万円近い借入だと銀行カードローンとは言え相応の金利負担がのしかかってくるため、早めに売却して年内にカードローンを完済することにしました。

 

売却により若干の利益が出ましたが、金利負担もありますのでほぼチャラという状況で、まさに骨折り損のくたびれ儲けというところで、改めて借金して投資することの難しさを思い知らされることになりました。

 

今になって思うことは、仮想通貨に投資をするのであれば、最低でもホワイトペーパーなどで事業内容をよく確認し仮想通貨の将来性や信頼性に期待して投資をするべきで、私のように暴騰相場を見て損失の穴埋めを考えて投資するようでは勝利の女神は微笑んでくれないということです。

 

今回は何とかチャラ逃げすることができましたが、これがFXでレバレッジをかけていたらと考えるとゾッとします。

 

借金返済の近道はコレ!

  • もし借金が返せない場合、どんな対応方法があるのか
  • どんな人が借金で破産してしまうのか

債務整理について、アース法律事務所の小林さんに教えていただきました。 >>続きを読む

\無料相談フォームに記入するだけ/

※アース法律事務所 公式サイト

 

 



-借金

Copyright© 「ボクと投資と借金と。」| ホワイト副業リーマンがセミリタイアを目指すブログ , 2018 All Rights Reserved.